LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪

2020/08/26

 お医者さんにLINEで相談できるサービス「LINEヘルスケア」が、悩む人に対して「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放つ様子がSNSで拡散し炎上。
8月2日付けでLINEヘルスケアが「お客様のお心を傷つけ、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。

【サービスの特徴】
 LINEヘルスケアは、「専門性を持った医師が相談に答える」のが特徴。現在はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大防止に向けて、期間限定で無償でのサービス提供を行っていますが、通常は「いますぐ相談する/ 相談を予約する」が30分2000円、1000文字以内の質問に対して「あとから回答をもらう」が1000円の有料サービスです。

 物議を醸していたのは、相談の様子を撮影したとあるスクリーンショット画像。悩む人に対して、LINEヘルスケア側の医師が
「発散するには、人間は言葉で表現するのが一番、高レベルなんだそうで」
「リスカやODで発散するのは低レベルなんだそうです」
と言い放ち、ユーザー側が
「レベル…とは? 言葉にした方が、自傷をするよりも発散できるということですか?」
と聞き返すと、
「言葉にできないやつはガキンチョだということですよ」
と返信。

 また病院に行っても病名を付けられないのかとの質問に対しては
「診断なんかいくらでも付けられますよ。よくいる世間知らずの10代の女の子です」
と回答しています。

 さらにこの医師は
「芥川龍之介とか、太宰治とか、頭の良い人は大体自殺していますので生きている価値がないというのは正解なんでしょうねえ、深く考えると結論としては、死ぬのが正解となりますし、たぶん正解なんでしょう」
などと持論を展開。

 ネット上では
「こんな回答を良しとしておられるのかLINEとm3(エムスリー)は?」
「共同開発って書いてありましたけど、お医者のレベルのチェックはなさってます?まさか放置とか?」
とLINEヘルスケアを共同出資で設立したLINEとエムスリーへの批判の声や
「これは酷いな…藁でもつかみたい人だっているでしょうに…」
「えええ こんなお医者様居るのですか」
と怒りや驚きの声が上がっています。

 また一部ユーザーからは
「LINEヘルスケアを過去に試しに利用してみたところ、組織的にプロフィールの詐称を推進しているようで、回答内容も間違いばかりでした」
との問題も指摘され、さらに物議を醸していました。

 こうした状況を受けてLINEヘルスケアは2020年8月2日に
「不適切なお客様対応に関するお詫び」とのコメントを発表。

「この度、LINEヘルスケアに登録している医師1名において、お客様に対して、利用規約違反の行為が確認されました。今回の事態により、お客様のお心を傷つけ、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」
と陳謝し
「当該医師につきましては、本日より利用停止とし、今後しかるべき措置を講じてまいります」としています。

 また「LINEヘルスケアでは、医師・相談者双方の明示的な同意に基づいて、キーワード検索による自動モニタリングや通報時の個別の相談内容の確認を実施しています」と明かしつつ、今後は「モニタリング体制をより一層強化し、再発防止策を徹底してまいります」とコメント。

 「ご迷惑をおかけしたお客様並びにご心配をおかけした関係者の皆様に対しまして、重ねて心よりお詫び申し上げます」と改めて謝罪しています。

記事監修

日本小児科学会認定小児科専門医
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓(すずきみきひろ)